中国アリババ(阿里巴巴, Alibaba)の子会社「Pingtouge Semiconductor(平頭哥半導体, T-Head)」は高性能なRISC-Vプロセッサ「Xuantie 910(玄鉄910)」を発表しました。
2019年7月25日のAlibaba Cloudカンファレンスで詳細が公開されました。

Xuantie 910

Xuantie 910の特徴は以下の通りです。

  • これまでで最も高性能なRISC−Vプロセッサ
  • 命令アーキテクチャはRV64GCV
  • 2.5MHz、7.1 Coremark/MHzを達成
    • 12段パイプライン、Out-of-Order実行で3命令発行
    • 1サイクルあたり最大8命令実行
    • 50の拡張命令を追加
    • 1チップあたり最大16コア構成可能
  • 12nmプロセス
  • オープンソースとして提供予定(2019年9月頃)
  • 5GやAI、IoT用途を想定

参考

Wujianプラットフォーム

8月29日の世界人工智能大会で、PingtougeはSoC用プラットフォーム「Wujian(无剑, no sword)」を発表しました。
阿里平头哥发布一站式芯片设计平台无剑

Wujianプラットフォームの特徴は以下の通りです。

  • AIoT時代のワンストップSoC設計プラットフォーム
  • アーキテクチャ、ソフトウェア(IP、OS、ドライバー)、開発ツールをすべて提供
  • 設計コストと工数を50%削減できる
  • Alibabaおよび複数社に提供中

余談ですが、この日の世界人工智能大会ではテスラCEOのイーロン・マスクとアリババ会長のジャック・マーがAIについて対談して話題を呼びました。

まとめ

高性能なRISC-VチップといえばアメリカのSiFiveが有名ですが、
Alibabaもこの分野に名乗りを上げた形です。
Alibabaはなんといっても通販・金融事業を持っています。
AI時代のキーパーツとなる半導体を取り込む垂直統合戦略がうまくハマったときのインパクトは計り知れません。

これまで長らく、ISA(命令セットアーキテクチャ)はモバイル用途がArm、サーバ用途がインテルの独占状態でした。
RISC-Vは台風の目となるのでしょうか。