SDカードの賢い買い方

秋葉原やAmazonの特価品も、ヨドバシカメラの国内正規品も、SDカードはピンからキリまで試しました。
その結果、SDカード/マイクロSDカードは最上位ブランドの並行輸入品が最強という結論になりました。
こだわり派のカメラマンはもちろん、普段使いにもおすすめです。

最上位ブランドとは?

各メーカーはハイエンドモデルに特別なブランド名をつけています。

(例)Sandiskの最上位ブランドは「Extreme Pro」、Samsungの最上位ブランドは「EVO Plus」

最上位ブランドは各メーカーが誇りをかけた自信作です。
性能も品質も格別です。

カタログスペック

「カタログスペックなんて飾りです。偉い人にはそれがわからんのです。」

誤解しやすいのがカタログスペックです。
最大読み出し速度と最大書き込み速度だけで比較していませんか?

SDカードの本当の性能はカタログスペックでは分かりません。

あえて言いましょう。カタログスペックは飾りです。
あてにならないカタログスペックで比べるよりも、信頼できるブランドで選んだほうが賢明です。

ブランド

「そんなブランドで大丈夫か?」
「一番いいのを頼む」

サンディスクとトランセンドで比べると、同じスペックでも値段が倍近く違います。
なぜこんなにも値段が違うのでしょうか?
その理由は品質とサポートです。

品質

一流メーカーの上位ブランドは特別に選別された高品質な部品を使っています。
カタログスペックでは分からないですが、実際の性能や耐久性に違いが出ます。

反対にノーブランドの特価品は、一流メーカーの検査で落ちたアウトレット品を再利用するなど、あらゆる手段でコストダウンしています。
運が良ければ普通に使えますが、「すぐに壊れてしまった」、「データが消えてしまった」などトラブルに巻き込まれる可能性がぐんと高くなります。

サポート

大手メーカーはお客様相談センターを運営したり、故障したときの返品保証(RMA)があります。

ノーブランド品はノーサポート・ノークレームです。
不良が起きたら運が悪いと思って諦めるしかありません。

とはいえ、SDカードの場合、サポートは正直、不要です。
入念に選別された一流メーカーの最上位ブランドなら滅多に壊れません。
高価な交換保証は無駄な保険料を払っているのと同じです。

高品質なSDカードをリーズナブルに買う方法、それが並行輸入品です。

並行輸入

「並行輸入品で大丈夫か?」
「大丈夫だ、問題ない。」

プロカメラマンも愛用するサンディスクのSDカードですが、日本国内の販売価格は海外より倍以上、高くなっています。
日本は問屋など中間業者が多いこともありますが、そもそもメーカーの卸価格が高いと言われています。

日本は手厚いユーザーサポートが必要なので卸価格も高くなってしまうのです。
日本の消費者は要求が厳しく、パッケージに細かい傷があるだけでもクレームになります。
ネット通販より家電量販店の実店舗を好む消費者も根強く残っています。

しかし、パソコンやデジタルカメラならともかく、SDカードに家電量販店の親切丁寧なサポートが必要でしょうか?
中間マージンを無くして安く買えるほうがお得ですよね。

そこで活躍するのが並行輸入品です。
国内正規品の半分以下の価格で購入できます。
メーカーの卸価格が安い海外から仕入れ、しかもネット通販なら中間マージンをばっさりカットできるからです。

偽物を避けるには?

並行輸入品は偽物の危険があります。

オンライン通販では一流ブランドの偽物が出回っています。
とくにAmazonやヤフオクは無法地帯です。
利用者が通報しても、海外セラーは規制がゆるく、新しいアカウントを何度でも作れるからです。レビューも偽造でき、あてになりません。

くれぐれも信頼できる日本国内のセラーを選んでください。

SDカードの並行輸入品を取り扱うネットショップの老舗が風見鶏さんです。
SDカード以外にもSSDやUSBメモリーなどフラッシュメモリー全般を幅広く扱っています。

春風商事は選りすぐりの最上位ブランドだけを扱っています。
・SDカードはサンディスクのExtreme Pro
・マイクロSDカードはサムスンのEVO Plus
という2つに絞り、信頼できる海外の取引先から直接仕入れています。
SDカード1枚から全国送料無料です。
春風商事 直販ショップ

まとめ

読書速度のカタログスペックを信じてノーブランド品を買うのは危険です。
性能も信頼性も一流ブランドの最上位ブランドが安全です。
国内正規品には手厚いサポートが受けられますが、SDカードの場合、あまり意味がありません。
国内正規品の半額以下で買える並行輸入品のほうがお得です。
偽物を避けるため、信頼できる国内セラーを選んでください。